決勝ステージ進出ファイナリスト7組
決勝ステージ進出ファイナリスト7組

 

dollsのここ一番の催しでは毎回悪天候…のイメージが有ったんですが、決戦日当日の東京は見事に晴れ渡りました。

メンバーにとっては昨年も、ファイナリストとして訪れた地ではありますが、今年は別の緊張と強い気持ちもって迎えた運命の日だったかと思います。

 

出発前日のまゆまゆのブログにその事伝わる想いが記されていましたので転載させていただきます。

----------------------------------

(12.102ブログ「今の気持ち」から抜粋転載)

 

「すっごく生意気に聞こえるかもしれないけど決勝にいけるだけでも満足なんて言ってたら応募されたすべてのバンドさんに失礼だと思うので明日の目標は・・・

1番高いところを狙います!!

そしてその目標が叶わなくても皆さんから頂いたたくさんのパワーで心が折れない自信もつきました!本当にたくさんの応援ありがとうございます!

明日はdollsらしさ全開で頑張ってきますっ」

------------------------------------

そしてきっと同じ気持ちで今年も同じ舞台に立つバンドが、「JOKER」だったかも知れません。(昨年は4Pとして、今年は高3トリオとして最終審査にエントリー)

 

下記に出演順を記しましたが、昨年もファイナリストとして残り、今年も出場になった「西」のdolls、「東」のJOKERの2組が決戦選考のトリに組み込まれたのはそんな理由からかもしれません。

 

出演順と結果一覧

----------------------------- 

■出演バンド  (受賞内容)     

1)  たんこぶちん (TOMOMI)

2)  Hi-ROZARIA                

3)  HONEY+ (HARUNA)

4)  SPUNKY

5)  No Name (RINA)

6)  dolls (グランプリ受賞 来年春以降のSCANDAL出演ライブに共演)

7)  JOKER (MAMI)

(HARUNA:ギター、MAMI:アンプ、TOMOMI:ベース、RINA:スネアドラム)

 

----------------------------

 

受賞式でのコメント模様を一部再現…多少作ってますがこんな感じです。グランプリ発表と同時にバックには「太陽と君が描くSTORY」のテーマソングが流れ、超華やかな感じになり、「おめでとうー」の喝采の中、「グランプリとりましたが…」の司会者のマイクに三人が涙こぼしながら応えていきます。

 

Mayu

「MAYUです。本当に今までいろんな事が有って、グランプリが取れて嬉しいです」

 

Sach

「本当に夢見たいで…嬉しいです」

 

Eve

「今までいろんな想いがあってここまで来て…今日全部そんな想いをぶつけられたのでとても嬉しいです」

 

司会者:今日のグランプリの結果は誰に伝えたいですか?

メンバー揃って

「岸さんです」

 

岸さん(dollsの音楽指導をしている先生)

「おめでとう」

 

------------------------

司会者

グランプリを取ったので今度SCANDALと同じステージで演奏することになりますが意気込みを!

 

Eve

「もう…やばいです…夢の夢のまた夢と思っていたSCANDALさんと一緒にできるなんて嬉しいです」

 

Sach

「楽しめるように、これから一生懸命練習したいと思います」

 

Mayu

「まだ信じられなくて…皆さんのおかげだと思います。有難うございます」

 

-----------------------------

最後にSCANDALメンバーがそれぞれ、受賞バンドへは来年一緒のステージに立てる日を楽しみにしているといった事。また今回受賞できなかったバンドへは来年、再来年にも上がってきてもらいたいといった労いの言葉をかけ、最後みんなで拍手をしてイベントは閉会になります。

…ここからは蛇足になりますが、ジンクス的なちょっと自分的に感じたこと等。

(…偏った見方で叱られそうですが…)

 

・ファイナリストに残りながら、何ももらえなかったバンドは実は凄く期待されているんでは?

「dolls」と「JOKER」も去年は何ももらえなかったんですよね!それだけに、今回7組の中で何の賞も受けなかった「Hi-ROZARIA」と「SPUNKY」は来年も勝ち進んできたら凄い事になるんではないかな?と今から実は結構気になってます^^

(奇しくも東西でパフォーマンスが際立っていた2組でオーディエンスへの印象度は高かったはずなんです)

 

来年もきっと催される企画だと思いますんで、Hi-Lab(6P)、dolls(3P)に続くバンドがどんな感じのバンドになるのか楽しみですよネ!^^

 

そしてそれ以上に気になるのが、dollsがSCANDALと一緒に立つといわれる舞台が何処になるのか…

 

去年受賞のHi-Labは震災の都合で延期にはなりましたが当初は「3月11日」。

…で来年のこの時期のSCANDALの日程って「武道館」なんですよね!

dollsが受験生なだけに、3月のこの武道館は実際有り得ないんですが「もし」とか思うのは自由ですよね^^

 

あと、SCANDALとの共演日に合わせての物販も気になる処…

Hi-LabはMP3の配信の後にCDがリリースされましたよネ!

dollsどうなるんでしょう…?

今回グランプリ受賞した事で、もう既にいろいろ夢見させていただいてますよ^^

イベント終了後「出待ち」で1枚♪!…ピンボケでごめんなさい^^、
イベント終了後「出待ち」で1枚♪!…ピンボケでごめんなさい^^、

-----------------------------------------------------------

「ハートに届くてぃものコメントを…」 (勝手な解釈の自分言葉になりますが)

 

コンテストラストの総括の中でバンド名こそ出しませんでしたが、「事情があってメンバーが欠けての参加や(喧嘩したり意見が合わなかったりしたかもしれないけど…といった、てぃもなりの憶測踏まえながら話し…)、高3なんで最後とかプロフィール読ませてもらったが、自分たちも今でこそみんなにコピーをしてもらえる程になったが、ここまで来るまでにはいろいろ実際ありました。バンド活動はこれからも続けて行って下さい」

 

文字にすると説得力少ないんだけど、ハートに届く優しさ伝わるコメントでしたネ!

 

なりきりフォトジェニック「審査員特別賞」はYURIちゃん♪

「なりきりフォトジェニック☆ギタリスト&ベーシストコンテスト」

今回のコピバンと同時開催されましたもう一つのイベントになります!

速報は既にteenaサイトで紹介されておりますが、グランプリとは別に最終選考にエントリーされた16人の中でひときわ注目浴びてた幼少の女の子がおりました。

名前は「YURIちゃん」♪

 

司会アシスタントの女性も!そして…急遽この企画に悪乗りして17人目としてエントリーしちゃった会社員のRINAさん(SCANDAL)もステージ上で膝ついてYURIちゃんと同じ目線で可愛いーと絶賛してたのも印象的でしたが、実はこの女の子!まゆまゆの従姉妹だったんです!!

遅ればせながら、「おめでとうございます!!」

 

授賞式では「SCANDALのサインが贈られます」と発表があっただけで、その品が不明だったんですが写真お預かりしたんで、此方で紹介させて頂きます♪

 

「審査員特別賞」は恐らく、このYURIちゃんの為だけに今回急遽設けられた賞だった為か(勝手な想像です^^、)SCANDALメンバーが今日使用するために持ち込んでいた私物のタオルにサインを入れてプレゼントしてくれたそうです。

…ただしYURIちゃん、メンバーに囲まれた形で賞品渡されたために誰から渡してもらったか覚えていないそうです^^

(しかしタオル裏側のタグには「T」の文字が…。たまたまてぃものタオル?なのかも知れませんが、なんかいいよネ!^^)